• Eomac + Kyoka = Lena Andersson

    アイルランド人プロデューサーEomacと、日本人アーティストKyokaのコラボレーションプロジェクトに迫る。…

    Interviews
by David Abravanel

ストリーミングサイトTwitchで
フォローすべきプロデューサー8人

配信の舞台裏、壮大なDJセットの陶酔、音楽雑学、
さらには「どうぶつの森」のサンプリングまで。多彩なコンテンツを楽しもう。

あなたは1人で宅録派? それとも、誰かと仲良く制作するタイプ? その両方を同時にやってみるのはどうだろうか? Twitchをはじめとするストリーミングサイトの普及にともない、パフォーマンスやDJを配信したり、世界中の人たちと一緒にリアルタイムで交流することがかつてなく簡単になっている。スタジオ、自室、DJブースなど、配信場所に違いはあれど、ここに紹介するストリーマーたちは元々ゲーム配信者だけを対象にしていたプラットフォームを、音楽の制作者やファンに向けたスペースとしていち早く提示してきた。そんな彼らのチャンネルをチェックして参考にしてみよう。Twitchで自分の番組を配信する方法をまとめたガイドも間もなくアップする予定なので、そちらもお見逃しなく。

Kenny Beats

Vince Staples、Freddie Gibbs、Gucci Maneといった人たちのプロデュースと作曲で知られるKenny Beatsは、自分のスタジオから1回で何時間にもおよぶ配信を定期的に行っている。他では聞けないビートのお披露目や、音楽ソフトウェアに対する発言、ミュージックビデオの視聴など、内容がどんなものであっても、Kenny Beatsは夜更かしトークの和やかなムードを提供する。

Kenny Beatsのチャンネルをチェックする

HANA

サイバーパンクの世界観、モジュラー機材とソフトウェアの揃ったスタジオ、そして複数のカメラアングルで配信されるHANAのチャンネルは、Twitchの音楽ストリーミングでかなりハイレベル。実はHANAのアルバム「HANADRIEL」は、Twitchの番組で撮影された作業だけで制作されたものだ。最近では、自家製ピクルスや飼い犬のお風呂など、内容が多様化している。サイバーパンク界の英雄にも日常生活があるのだ。

HANAのチャンネルをチェックする

Laxcity

万能型ビートメーカー/人気サウンドデザイナーのLaxcityは、強固なオンラインコミュニティを形成している。その中には、Twitchのフォロワーのほか、LaxcityのサーバーDiscordのメンバーが含まれ、メンバーの投稿するビートがTwitchで定期的にレビューされている。FL Studioでエフェクトの濃密なコラージュを組み立てるLaxcityを見ていると、ワクワクさせられる。

Laxcityのチャンネルをチェックする

Plastician

こちらは、DJ/プロデューサーのPlasticianが登場だ。実をいうと、PlasticianはDJのストリーミング配信の設定方法を説明することに特化した番組を持っている。本人のストリーミング配信では、視聴者を楽しませて心をつかむことが狙いになっており、アーティストに関する雑学とDJセットをミックスして提供する番組「Mastermind」は要チェックだ。

Plasticianのチャンネルをチェックする

Beatport

テクノのトップフェスティバルに行けなくてウズウズしている人は、音楽販売サイトのBeatportが手掛けるTwitchチャンネルを見ればOK。大物たちがDJブースに立ち、配信時間は頻繁に5時間以上におよぶので、配信をしばらく流しっぱなしにできる。酒を用意して髪型をキメたら、VIP席にいる気分で楽しもう。実際のVIP席より、自宅のソファのほうがキレイかも!?

Beatportのチャンネルをチェックする

Etc Kid

スタジオで制作が行われているあいだ、その場に居合わせて全部の作業工程を見てみたいと思ったことはないだろうか? Etc Kidが手掛ける即興ストリーミング配信では、コード構成からトラック名にいたるまで、あらゆることで視聴者からの意見を受け付けており、トラック名が視聴者の投票で決まったこともある。作業工程を存分に楽しむだけでなく、自分の番組のアイデアを考えるのにも便利なチャンネルだ。

Etc Kidのチャンネルをチェックする

Arca

この10年間で実験的なビートの精力的存在として台頭したArcaことAlejandra Ghersi。そんな彼女のプライベートな一面も期待どおりの輝かしさだ(馬鹿げてもいるときもある)。進行中の制作のスタジオ作業を紹介するにせよ、新しい「どうぶつの森」に意見するにせよ、自分では使わない脳の一部をAlejandra Ghersiが刺激してくれるはずだ。

Arcaのチャンネルをチェックする

Eprom

高密度に重ねられるEpromのビートはなめらかに調和して聞こえるが、彼のTwitchチャンネルでは、そのビートの解体によって仕組みが明らかにされる。Epromの楽曲で起用されているAbletonのLiveやモジュラー機材のジャムセッションをチェックして、自分の編集やミックスの参考にしてみよう。

Epromのチャンネルをチェックする

関連記事

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る