• Eomac + Kyoka = Lena Andersson

    アイルランド人プロデューサーEomacと、日本人アーティストKyokaのコラボレーションプロジェクトに迫る。…

    Interviews
by Native Instruments

音楽プロデューサーのための
コンプレッサー入門

audio compression 101

コンプレッサーほど広く使われ、かつ理解されていないオーディオエフェクトは他にありません。コンプレッサーは、EQやリバーブなどの主力エフェクトと同様に音楽制作の基礎となるものですが、多くの人は自分が何をしているのかよく理解せずに使っています。その結果、多くの時間とCPUを浪費することになります。さらに悪いことに、音圧の低い、聴くに耐えないミックスになってしまうこともあります。

しかし、ひとたびコンプレッサーを使いこなすと、この地味なエフェクトが魔法のような効果を発揮するようになります。グループやミックス全体をまとめ、ドラムにパンチを与え、味気ないプロダクションに生々としたトーンとカラーをもたらすことができます。では、コンプレッションとは一体何なのでしょうか?この記事では、コンプレッサーの使い方から、コンプレッサーがサウンドに与える影響と、一般的なコンプレッサー設定について検証します。スキルと意図を持ってコンプレッサーを使い始めるために必要な情報を提供します。

目次:

本記事は、スタジオ史上最も人気のある3つのコンプレッサーをセットにした製品、VINTAGE COMPRESSORSを使ってご紹介します。

VINTAGE COMPRESSORSのデモ版をダウンロードする

音楽におけるコンプレッションとは?

コンプレッション (圧縮) は、信号の最も大きい部分と最も小さい部分の間の差を減らすことによって、信号のダイナミックのレンジを減らす (平す) オーディオエフェクトです。これは、あるレベルより大きい信号の部分を捕らえ、その音量を下げることで実現します。

コンプレッションは制作に欠かせないツールであり、ミキシングやサウンドデザインの多くの場面で使用されます。ボーカルや他の楽器の静かな部分も、大きな楽器の隣でも聴こえるようにすることができ、ダイナミクスに一貫性を持たせることで、トラックグループに纏まり感をもたせることができます。その他にも、ドラムにキレを与えたり、サウンドに音色を加えたりすることもできます。また、コンプレッサーはマスタリングでも使用され、ミックス全体を均等にします。

コンプレッションした音とは?

コンプレッションを微妙にかけると、信号に滑らかさや均等性を与え、その逆に、極端な設定にすると、圧縮された信号が押しつぶされたような音になる傾向があります。コンプレッションの特徴は、EQやリバーブなど他の処理に比べると、慣れない耳には分かりにくいかもしれません。

極端な設定のドラムループで、コンプレッションがどのように聴いてみましょう。コンプレッションは、下のクリップの後半に適用されています。スネアのようなループの最も大きな音がミックスの後ろに押しやられ、ハイハットのような静かな音が前に出ていることに注目してください。また、全体的にループがよりエネルギッシュでエキサイティングになり、「パンピング」したような感触になっていることに注目してください。

コンプレッションは音に何をもたらすのか?

コンプレッションは、一定のスレッショルドを超えた部分の音量を小さくします。つまり、全体的に音を小さくするのです。その後、信号のレベルは、ピークを同じ大きさに戻すためにブーストアップされます。つまり、信号の最も静かな部分が、以前よりも大きくなってしまうのです。これにより、信号が全体的に大きく感じられるようになります。

ここでよく混乱が生じます。コンプレッションは一般的に、音を “大きく “するものと考えられています。しかし、最初の例では、コンプレッションは音をより静かにする傾向があることを忘れないでください。コンプレッションがミックスにラウドネスを加えることができるのは、ゲインブーストと組み合わせた場合だけなのです。

コンプレッションする目的とは?

コンプレッションは、あなたの音楽において多くの目的を果たすことができます。しかし、明確な目的を持たずに使用することは、大きな間違いです。シグナルチェーンにコンプレッサープラグインを入れると、少し音が大きくなったように感じることは、誰にでもあることです。少し音が大きくなったような気がして、「やった!」と思い、次の作業に移り、二度とコンプレッサーには触れない。しかし、このような意図のないコンプレッションは、トラックにとってほとんどプラスにならないことがよくあります。むしろ悪化させている可能性もあります。

最高の結果を得るためには、コンプレッサーを使用する際に、常に特定の目的を念頭に置いてください。その目的によっては、異なる圧縮のアプローチが必要です。それでは、圧縮の一般的な使用方法をいくつか見てみましょう。

1. ダイナミクスのコントロール

コンプレッションの最も一般的な使用方法は、トラックのダイナミクスを均等にすることです。原理は簡単で、コンプレッションを使用して、チャンネルやバスの大音量の部分を静かにし、それによって全体のダイナミックレンジを小さくします。

ミックスに含まれるすべての楽器にコンプレッションが必要なわけではないことに留意してください。歪んだエレキギターなど、ダイナミックレンジがほとんどないサウンドもあります。しかし、ボーカルや多くのアコースティック楽器など、ダイナミクスをコントロールすることが不可欠な場合も多くあります。

Controlling dynamics with VC 76
Controlling dynamics with VC 76

コンプレッションを使って、ボーカルを滑らかにする方法を見てみましょう。今回は、伝説のFETコンプレッサーをNative Instrumentsが再現したVC 76を使用します。スレッショルドは、信号の最も大きな音 (dB) をキャッチするように設定されており、中程度のアタックタイムとリリースタイム、低いスレッショルドは、穏やかで音楽的な圧縮効果を生み出します。

下のクリップでは、まず非圧縮の信号で、その後にコンプレッションされた信号が聴こえてきます。この効果は微妙なものですが、心地よいものです。各フレーズの冒頭の大きな音が飛び出すことなく、ボーカルの残りの部分と一緒に滑らかに収まっていることに注目してください。

注意:ボーカルのダイナミックレンジが非常に広い場合、コンプレッサーだけでは歪みを発生させることなく、ボーカルを整えることができない場合があります。この場合、コンプレッサーに送る前に、ボリュームオートメーションを描いて信号を均等にします。

2. トランジェントのシェイピング

大音量のピークを抑えるだけでなく、ドラムの鋭いトランジェントを引き出すためにコンプレッションを使用することができます。これはどのように機能するのでしょうか?アタックタイムを遅くしてコンプレッションをかけると、コンプレッサーが反応する前にドラムのアタックが通過してしまいます。その後、コンプレッサーは他の音を締め付け、トランジェントとそれ以外のものとのラウドネスの差を大きくします。その結果 シャープでキレのあるサウンドで、ミックスにエネルギーとアグレッションを加えることができます。

Transient shaping with SOLID BUS COMP
Transient shaping with SOLID BUS COMP

ここでは、透明感のあるサウンドでパワフルなバスコンプレッサー、SOLID BUS COMPを使って、ドラムループにさらなるパンチを加えています。ゆっくりとしたアタックでトランジェントを通過させ、速いリリースで次のドラムヒットの前にコンプレッサーが邪魔にならないように飛び出します。このクリップの途中でコンプレッサーが入ることで、どのように引き締まるか聞いてみてください。

3. サイドチェインコンプレッション

コンプレッサーは、処理中の信号を “聴く “ことで、その信号を処理するタイミングを知ることができます。しかし、もしそれが全く別の楽器をトリガーにした信号を聴いていたとしたらどうでしょう?これがサイドチェインコンプレッションの原理です。例を挙げましょう。キックドラムとベースパートはどちらも低音域を占めており、ここはすぐに混濁してしまいます。ベースパートにコンプレッサーをかけ、そのコンプレッサーにキックドラムの音を入力することで、キックが鳴るたびにベースパートから空間を奪うことができます。こうすることで、低音域に空間が生まれ、低域の混雑を回避することができます。

Sidechain compression with VC 76
Sidechain compression with VC 76

VC 76を使って、それを実証してみましょう。(Native InstrumentsのVINTAGE COMPRESSORSには、モデルとなったオリジナルユニットにはない、サイドチェイン機能が追加されています)

まず、サイドチェインなしのサウンドはこんな感じです。太くてダビーなベースとブーミーなキックが空間を奪い合い、不快な濁りを生み出しています。

サイドチェインで、アタックとリリースの時間を非常に短くし、高いレシオを使用した場合のサウンドを紹介します。コンプレッションによってミックス内のスペースが確保され、ベースパートにエネルギッシュな「ポンピング」効果を与えています。このポンピングはEDMのようなハイテンションなエレクトロニックジャンルのトレードマークとも言える音ですね。

サイドチェインの一般的な使い方は、これだけではありません。実は、サイドチェインが最初に考案されたのは、ボーカルの「de-ess」 (不要な高音域のシビランスを除去すること) でした。この場合、サイドチェインの信号はオリジナル信号のコピーですが、高周波数だけを通すようにフィルターがかけられています。そのため、コンプレッサーはこの高周波が存在するときだけ作用し、不要なしわしわ感を和らげることができます。

4. トーンシェイピング

コンプレッションはダイナミックスのエフェクトと思われがちですが、そう単純なものではありません。クラシックなハードウェアコンプレッサーは、ダイナミクスを調整するだけでなく、他のアナログ回路と同様に、高調波歪みやその他の音色を変化 (味付け) させることができます。多くのコンプレッションプラグインは、これらのアウトボードユニットの音の特徴を忠実にモデル化し、そのジューシーな風味を表現しています。これらのツールを使って、あなたのトラックに豊かさと個性を与えることができます。

Tone shaping with SUPERCHARGER GT
Tone shaping with SUPERCHARGER GT

サチュレーションレベルを細かくコントロールできるバルブ式コンプレッサーSUPERCHARGER GTを使って、ドラムループに味付けをしました。コンプレッサーの特性を最大限に引き出すために、圧縮された信号と非圧縮の信号を “パラレル “にミックスしています (つまり、両方の信号を同時に聴くことができます) 。

このクリップでは、まず未処理のドラムループが聴こえ、次に圧縮された信号が単体で聴こえてきます。 (この信号は、かなり過激な設定でクラッシュされています) 。 3番目は、圧縮された信号がドライ信号とブレンドされ、正確さとクランチが見事にバランスされています。

音楽制作におけるコンプレッサーの使用方法

コンプレッサーの用途がわかったところで、次はその使い方を学びましょう。コンプレッサーには数多くのパラメーターが存在し、その結果も微妙に異なることが多いため、使い方を誤ることがよくあります。いくつかの基本的なパラメーターを学ぶことで、コンプレッサーを常に正しく使うことができるようになります。

それでは、これらのパラメーターについて見ていきましょう。

Threshold (スレッショルド)

スレッショルドは、コンプレッサーが機能し始めるレベルを設定します。dBFS (フルスケールに対するデシベル) で表されるこのポイントを超える信号は、コンプレッサーによって圧縮されます。高いスレッショルドを設定すると、最も大きなピークだけを捕らえ、残りの信号はそのまま残します。スレッショルドを低くすると、コンプレッサーは信号のより多くの部分に影響を及ぼします。

下の例では、SOLID BUS COMPを使って、ドラムループのトランジェントシェーピングを行っています。クリップの前半では、スレッショルドは最も大きな3dB程度の音 (スネアとキックのアタック音) だけを捕らえるように設定されています。後半では、スレッショルドを-10dBと大きく下げています。信号がどのように潰され、トランジェントだけが残るかを聴いてください。.

Ratio (レシオ)

レシオは、スレッショルドを超えた後にコンプレッサーがどの程度強く機能するかをコントロールします。コンプレッサーは通常、スレッショルドで入力された信号を壁が立ちはだかるように極端に拒絶することはありません。(例外はリミッターで、これは非常に高い、あるいは「無限」のレシオを持つコンプレッサーです) 。その代わりに、スレッショルドを超えた信号のゲインを徐々に下げていきます。このゲインリダクションの急峻さは、比率で表されます。2:1とは、信号がスレッショルドを2dB超えるごとに、1dBしか音量が上がらないということです。比率が低いと穏やかで音楽的な圧縮になり、比率が高いと潰れたような音になります。

Compressor ratio diagram
Compressor ratio diagram

この例の前半では、低いレシオ (1.5) で穏やかなゲインリダクションを実現しています。次に、レシオを10に上げます。この場合、結果は上記のスレッショルド効果と同様で、ドラムが不愉快につぶされます。しかし、スレッショルドとレシオは異なる働きをするものであり、それらを調整することで異なる結果が得られることが多いということを覚えておく必要があります。

Attack (アタック) と release (リリース)

アタックとリリースは、コンプレッサーが信号に作用する速さをコントロールします。遅い設定では、信号がスレッショルドを超えるとコンプレッサーが作動するまでに時間がかかり、信号がスレッショルドを下回ると作動が解除されるまでに時間がかかる。時間を短くすると、コンプレッサーの反応は良くなりますが、より過激なサウンドになる可能性があります。アタックタイムとリリースタイムを正しく設定することは非常に重要であり、その設定はコンプレッションする内容によって異なります。

アタックタイムを長くすると、ボーカルやその他の楽器でより音楽的なサウンドになり、ドラムを圧縮する際にはトランジェントを透過させ、前述のトランジェントシェーピング効果を得ることができます。アタックタイムを短くすると、トランジェントがつぶれ、よりタイトで加工されたようなサウンドになります。

一方、適切なリリースタイムを設定するかどうかは、トラックによって異なります。一般的に、コンプレッサーは、入力された信号の次の大きな部分よりも前に解除されるようにします。つまり、トラックのテンポやグルーヴに合わせてリリースタイムを設定することになります。

アタックを変更したときのサウンドを聴いてみましょう。この例の前半では、長いアタックタイム (30ms) でドラムのトランジェントを通し、他の信号をクランプしています。次に、アタックタイムを0.1msと大幅に短くします。これでコンプレッサーはトランジェントを捕らえ、つぶれたような音になります。これはドラムバスのコンプレッションとしてはかなりまずいですが、パラレルコンプレッションとしてはうまくいくかもしれません。

次は、リリースです。この例の前半では、ミディアム (0.4秒) に設定されており、コンプレッションがグルーヴのポケットに収まるようになっています。その後、リリースタイムを過剰に長くしてみたので、コンプレッサーが次のビートに間に合うように解除されず、トランジェントが失われる様子を聴いてみてください。

Knee (ニー)

ニーは、信号がコンプレッサーのスレッショルドに近づいたときの挙動をコントロールします。多くのコンプレッサーは、信号がスレッショルドを越えてからコンプレッサーが作動する「ハードニー」を備えています。しかし、信号がスレッショルドに近づくにつれてコンプレッサーが徐々に効いてくる「ソフトニー」を採用するものもあります。

Hard vs. soft knee in a compressor
Hard vs. soft knee in a compressor

スレッショルド、レシオ、アタック、リリースの相互作用に、微妙な追加要素を加えるパラメーターで、ボーカルやアコースティック楽器のような自然なサウンドには、ソフトなニーが効果的な傾向があります。

この例の最初の部分では、ボーカルの最も大きなdBのみに微妙なコンプレッションがかかるようにしています。クリップの後半は、ソフトニーと高いスレッショルドを採用しています (ニー設定をカスタマイズできるiZotope Neutron 4のコンプレッサーを使用しています) 。その結果、よりスムーズで均一なものとなり、オーディオをあまり色付けすることなく、非常に一貫したダイナミクスを得ることができました。

Makeup gain (メイクアップゲイン)

メイクアップゲインは、コンプレッションが行われた後、信号レベルをどの程度ブーストするかをコントロールします。これは非常に重要で、見落とされがちなパラメータ−でもあります。コンプレッションは、大音量の部分の音量を下げることで、全体的に信号を静かにします。メイクアップゲインは、その信号の音量を元に戻し、効果的なコンプレッションによる「ラウドネス」の利点を得るために必要になります。

通常、私たちの耳には、より大きな信号がより良く聴こえ、より小さな信号がより悪く聴こえます。コンプレッション後に信号の大きさが変わってしまうと、本当に改善されたのかどうかがわからなくなってしまうことがあります。コンプレッサーのスイッチを入れたときと、「バイパス」のときとで、信号の大きさが同じになるようにメイクアップゲインを調整します。そうすれば、微調整を行いながら、十分な情報を得た上で判断することができます。

このクリップの開始時、ボーカルは非圧縮です。2番目は、メイクアップゲインを調整せずに圧縮しています。信号がより小さくなっています。3番目はゲインを上げて補正し、元のレベルまで信号を戻しています。多くのコンプレッサーと同様に、iZotope Neutron 4 Compressorもオートゲイン機能を搭載しており、メイクアップゲインを自動的に調整することができます。”Auto” をクリックするだけで、あとはプラグインがやってくれます。

Neutron 4 compressor module
Neutron 4 compressor module

コンプレッサーを使い始めましょう!

この記事では、コンプレッションとは何か、何のためにあるのか、そして音楽でコンプレッションを効果的に使用する方法について見てきました。もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事 (英語のみ) も併せてご覧ください。

レシオからスレッショルドを知ったところで、いよいよ自分の作品にコンプレッションを使い始めるときが来ました。VINTAGE COMPRESSORSは、3つの伝説的なスタジオコンプレッサーをトップレベルでエミュレートしており、効果的かつ意図的にコンプレッションを使い始めるために必要なすべてのツールを提供します。

VINTAGE COMPRESSORSのデモ版をダウンロードする

関連記事