この選択肢に該当する記事はありません

by Ronan Macdonald

必ず手に入れたい
無償のKONTAKT用エレピ音源5選

ロンドン在住のプロデューサーEunの手を借りて、ソウルフルなキーボードサウンドのためにお金をかける必要はないことを証明しよう。

エレクトリックピアノはいつの時代も、トラックに暖かく甘いバイブスを与えてくれる。そしてKONTAKT用に作られたエレクトリックピアノ音源は有料のものから無償のものまで、とても種類が豊富で素晴らしいライブラリが揃っている。今回は無償ライブラリの中から選りすぐりの5選をご紹介しよう。これらのローズ、ウーリッツァー、そしてクラビネットのエミュレーション系ライブラリは、お財布を傷めずに今すぐに使い始めることができる。

各ライブラリの紹介に添えられているサンプル音源はロンドン在住のプロデューサー兼ベース奏者のEun (別名Ian Davies) に作成してもらったものだ。ベテランKONTAKTユーザーであるEunのサウンドはヒップホップ、ソウル、そしてジャズに根ざしており、彼のプロダクションとパフォーマンスの才能は、Ego Ella May、Demae、Nubya Garcia、そしてJake Millinerなどの幅広いアーティスト層から支持を得ている。以下のサンプル音源を聞けば彼の需要の高さの理由が分かるだろう。

Big Cat Instruments The W Piano

サンプリング系のエレピ音源の中で、このBig Cat InstrumentsのWurlitzer EP203Wエミュレーションほど操作感が容易なものはないだろう。Greg Sullivanの無駄のない6MBマルチサンプルバンクを元に作られたThe W Pianoには4つのベロシティレイヤーに加えて、調節可能なアンプエンベロープ、基礎的なリバーブ、そして周波数固定の3バンドEQが備わっている。調整可能な要素は少ないが、サウンドは素晴らしく、負荷が少ないので、低スペックのコンピューター環境での使用に最適だ。

Download The W Piano

Hugo Kant Fender Rhodes

Hugo Kantはエレクトリックピアノを代表する名器 “フェンダーローズ” をたった5秒から14秒の32つのフルサステインのサンプルに集約したライブラリだ。シンプルなインターフェースではトレモロの速度と深さ、そしてオーバードライブとリバーブの量を設定出来る他、キャビネットのモデルも選択することが出来る。そのため、ラウンジバーに似合うスモーキーサウンドも意図も簡単に再現出来るだろう。使用しているサンプル数が少いためリアルな演奏には不向きなものの、録音の品質と調整の手軽さ故に、シンプルなコードやリックの用途にはぴったりだ。

Download Fender Rhodes

Big Cat Instruments The Street Bumper Piano

今回ご紹介するBig Cat Instrumentsの2つ目ののライブラリは、SarcyanのMusyng Kite SoundFontをKONTAKTインストゥルメントにしたものだ。5つのベロシティレイヤーはサウンドにしっかりとした本物感や表現力を与え、エフェクトには3バンドEQと調整可能なトレモロのみでなく、ディレイ、リバーブ、フェーザー、コンプレッサー、そしてアンプシミュレーションが備わっており、それらを使った幅広い音作りが可能となっている。インターフェースは整理されていてとても見やすい。このThe Street Bumperの豪華で暖かいサウンドは無償とは思えない品質だ。

Download The Street Bumper Piano

Premier Sound Factory Wurly

Premier Sound Factoryの無償音源 Wurlitzer 200Aは、フロントパネルにトレモロとリバーブ量 (5つのRoland Space Echoと2つのスタジオインパルスレスポンス)、そしてワウフィルターのカットオフ周波数の3つのコントロールを備えており、低負荷でありながらも、そのマルチサンプルへのこだわりが実に見事なライブラリに仕上がっている。5オクターブ以上の音を5つのベロシティレイヤーで録音しているのみでなく、リリースレイヤーを2つに分けることでハンマーとミュートの音をリアルに再現している。結果として386個ものサンプルを使用しており、そのおかげでとてもリアルで生き生きとした演奏が可能だ。

Download Wurly

KOMPLETE START's E-Piano (Band bank)

KOMPLETE STARTに含まれているKONTAKT Factory SelectionのBandセクションに収録された13個のインストゥルメントの中から、E-PianoとClavinetの2つをご紹介しよう。どちらも調節可能なステレオトレモロ、リリースノイズ、5個 (E-Piano) /10個 (Clavinet) のEQカーブプリセット、そしてシングルノブのエフェクトでディレイ、フェイザー、リバーブ、キャビネット、3バンドグラフィックEQ、そしてサチュレーター (E-Piano) /ワウ (Clavinet) が備わっている。有償音源のような凝ったサウンドである必要がなく、手軽にキーボードのリフやコードシーケンスを足したい、という時にぴったりな音源だ。

Download Komplete Start

この他にもKONTAKT用の無償音源をお探しですか?このブログ内にあるFree Stuffのセクションもチェックしてみよう。

関連記事

  • 世界最強のターンテーブルユニットKIREEKが⼀夜限りの再結成

    2007年DMC Team Championsで初優勝した後、前代未聞の5連覇を成し遂げたDJ YASAとDJ HI-Cによる日本のターンテーブリストデュオKIREEK。その偉業を超える者たちはいまだ現れていない。お互いの新しい⽅向性を探るために2018年に解散した彼らが、今回TRAKTOR 20周年を祝して特別に再結成を果たした。これまでの歩みとTRAKTORとの関わり⽅、そしてこれからについて2⼈に伺った。…

    Traktor
  • 日本の著名プロデューサーが日々愛用しているKONTAKT音源TOP3を紹介

    J-POPからゲーム音楽、ダンスミュージックまで多彩なジャンルで活用されている共通のツール。…

    Kontakt
  • how to make a trap beat

    How to Make a Trap Beat

    アンダーグラウンドヒップホップのサブジャンルとしてアメリカ合衆国南部で誕生したトラップミュージックも今では世界的な人気を誇っており、ジャンルを代表するアーティストにはDrake, Nicki Minaj, そしてBad Bunnyなどがいる。トラップといえば過激でシンセ的な独自のバイブスがあるイメージだが、トラップとはどのような意味で、どのように作られているのだろうか? トラップのビートメイク入門ガイドであるこの記事では、トラップミュージックの基本要素、ジャンルに適した楽器編成、そして実際にベースの効いたトラップループを作る方法をご紹介しよう。 読みたいセクションにスキップしよう: トラップビートとは? トラップミュージックに使用される楽器 トラップビートの作り方 トラップのドラムパターンを作る メロディー要素を足す 808ベースを足す…

    Beat making
  • 音楽制作で避けたい初歩的なミス9選

    このような初歩的なミスをあなたは繰り返していませんか?…

    Production
  • KONTAKT用無償ローファイ音源5選

    あなたのトラックに幻想的なレトロ感を足してくれる無償ローファイ音源をご紹介しよう。…

    Free stuff
  • Beat-making 101: 初めてのビートメイキング

    ビートメイキングに必要な知識を身につけ、さらにNIの無償プラグインを使ってビートを作ってみよう。…

    Beat making
  • デジタルをアナログ風に仕上げる4つの方法

    あのビンテージ機材や懐かしのサウンドをソフトウェアで再現するテクニックをご紹介しよう。…

    Effects
  • REAKTOR用無償FMシンセ5選を手に入れよう

    ユーザーライブラリの中から予測不能な音作りに欠かせないFMシンセを紹介。…

    Ambient

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る