by James Russell

MONARKを使ったドラムサウンドの
制作テクニックを探求

プロダクトエキスパートのJames Russellが、ゼロからドラムサウンドを制作する基本テクニックを紹介する。

今回のビデオでは、ビンテージサウンドが特徴的なモノシンセであるMONARKを使って、プロダクトエキスパートのJames Russellが、キック、タム、スネア、クラップ、ハットの制作方法を紹介する。MONARKはパーカッションよりもベースラインをつくるために使われることが多いが、レイアウトやシグナルフローがわかりやすく、ドラムサウンドのデザインに必要なテクニックの実演にぴったりだ。

もしも、ビデオの中のJamesのサウンドをお気に入りのドラムサンプラーに取り込んで、そこからすぐに制作を始めたい時は、全ての.wavファイルがここからダウンロードできる。

 

MONARKの詳細はこちら

デモ版のダウンロードはこちら

関連記事

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る