この選択肢に該当する記事はありません

by Kevin McHugh

ローファイミュージックの作り方: あのチルなビンテージサウンドを再現する5つの要素

how to make lofi music

多くの「音」に囲まれている現代人にとって、心地良い背景的な音楽こそ理想的な癒しなのかもしれない。同じように、超高音質な音楽、映像制作が可能になったデジタル時代の今、一部のアーティスト達は自身の活動を逆のベクトルに向けている。ハイファイ音楽が当たり前となった今、ローファイ音楽を作ることが彼らの挑戦になったのだ。

このチュートリアルではローファイミュージックについて学び、チルでありながら面白みのある上質なローファイビートの作り方について紐解いて行こう。

読みたいセクションにスキップしよう:

ローファイミュージックとは?

ローファイビートの5つの要素:

  1. スローテンポでシンプルなビートから始めよう
  2. ビンテージサウンドとジャズ風コードを足そう
  3. あらゆる箇所に「不完全さ」を足そう
  4. EQ、トーン、サチュレーションを調整しょう
  5. サンプルを使用して空間と雰囲気を作ろう

KONTAKTライブラリを使用して、このチュートリアルを進めよう。KONTAKTとは種類豊富な高品質音源を使用することが可能な業界を牽引するサンプラー兼インストゥルメント作成ツールだ。

 

KONTAKTを入手する

ローファイミュージックとは?

ローファイミュージックとはLow Fidelity(低い忠実度)の意味で、演奏ミスや環境ノイズなどのレコーディングでは本来望ましくない「不完全」な要素が含まれる音楽を指す言葉だ。ローファイミュージック制作においてこれらの要素は意識的、意図的に使用されている。このようなサウンドにビンテージ感を抱く事は間違いではなく、実際、多くのローファイミュージックはこのようなテープ録音のザラザラ感を再現しようとしている。

現代のローファイビートは一般的にハイファイ機材で録音され、DAWの中で最近のプラグイン音源と処理方法を使ってミックスされ、一般的にローファイヒップホップビートは1990年代のカーステレオのサウンドを模倣している。

最近のローファイビートの例をいくつか聴いてみよう。ザラザラとしたビンテージ感が感じられるはずだ。

レコードを聴いているような印象があるだろう。

ローファイミュージックの基本が理解できたら、次は簡単なテクニックを使ってオリジナルのローファイ曲を作ってみよう。

1. スローテンポでシンプルなビートから始めよう

ローファイビートは常にシンプルでチルなヒップホップビートから作られる。このジャンルはスローである事が重要なので、テンポはほぼ必ず60 bpmから90 bpmの間に収まる。60 bpmよりも遅いケースは考えられるが、90 bpmより速いケースのチル感がなくなってしまうので注意しよう。ビートに重要なのはキック、スネア、ハイハットだ。今回は4/4拍子で進めよう。

変化や不完全さの要素は後で足すので今は忘れよう。その情報から知りたい方はセクション3にスキップだ。まずはシンプルなビートを作りたいので、1と3拍目にキック、2と4拍目にスネア、そして全ての8分音符にハイハットを入れよう。重要なのは、シンプルにすることだ。

こちらがDRUMLABで作成した参考例だ。DRUMLABは意図したサウンドを簡単に作ることができるNative Instrumentsの高品質なドラム音源だ。

Using DRUMLAB to create a simple beat
DRUMLABを使ってシンプルなビートを作る

ビートはこのようなサウンドになる。

2. ビンテージサウンドとジャズ風コードを足そう

ローファイビート作りで重要な要素の1つが、ジャズ風でありながらシンプルな、滑らかで簡単なコードだ。中でもメジャーセブンスコードには楽観的な明るさがあり、ジャズ奏者も一般使用するサウンドなのでおすすめだ。コードの他に重要なのがビンテージ感のあるサウンドであり、Hammondキーボードやエレクトリックベース、ビブラフォンなどがいいだろう。

こちらがNative InstrumentsのPlay Series音源、LO-FI GLOWを使用したシンプルな2コードのパターンを作る方法だ。LO-FI GLOWは曲にファズ感、ディストーション感を足すのに最適だ。

Adding jazzy chords with LO-FI GLOW
LO-FI GLOWを使ってジャズ風コードを足す

このようなサウンドになる。

3. あらゆる箇所に「不完全さ」を足そう

ローファイビートを作る時は、目立たない方法で音楽の面白みを持続させたい。そうすることで必要最低限の変化でユニーク感やクールさを演出する事ができチル感を保つ事ができる。

まずはドラムに不完全さを加えてみよう。先ほどもお伝えしたように、シンプルである事が重要だ。しかし、シンプルすぎてつまらない、というのも問題だ。丁度良いバランスでビートに少しの変化と不完全さを加えるには、ドラムのMIDIをグリッドから少しずらしてみよう。少ない数の音符を前後にずらしたり、抜いたり、追加したりするのもオプションなので色々試してみよう。

この原理を応用して、他の楽器にも小さな変化を時々加えてみよう。この小さな変化は大きな結果を生む。あくまで認識出来るか出来ないか程度の変化を加えたいだけなので、やりすぎないように注意しよう。些細すぎてもつまらなく、やりすぎてもチル感が失われてしまうので、塩梅が大切だ。

ベースラインにも遊びを加えたいので、SCARBEE MM-BASSでシンプルなベースラインを作成した。以下の参考例でも分かるように、いくつかの音符をずらすことでグルーヴに面白みを加えている。

A quick and simple bassline using SCARBEE MM-BASS
SCARBEE MM-BASSで作ったシンプルなベースライン

不完全さを生み出す他のおすすめの方法は、サウンドのEQやトーンに対して変化を加える事だ。次のステップで詳しくご紹介しよう。

4. EQ、トーン、サチュレーションを調整しよう

全てのローファイビートに共通する要素はその名前にある。先ほどお伝えしたように、ローファイはLow Fidelityを意味した言葉だ。つまり録音対象の生音の忠実度が低い事を意味しており、この忠実度の低さが指しているのは不完全なビンテージ機材の潰れた、埃がかったような温かみのある音だ。そして、このようなサウンドは少ない手順で簡単に作る事ができる。

まずは、EQで両極の音域を削ることで、ビンテージラジオの制限された帯域幅を再現しよう。具体的には200 Hz以下と5K Hz以上を全て削ることで、あの潰れたサウンドを作る事ができる。また、ディストーションとサチュレーションを使って埃っぽい質感を演出する方法もおすすめだ。これでサウンドに埃っぽさ、ザラザラ感を足す事ができる。この2つのステップを組み合わせることによってチルで温かみのあるサウンドに仕上げる事ができる。

そのため、我々の例ではEQとサチュレーション兼コンプレッションエフェクトを各チャンネルに追加した。まずはアナログ式Solid State LogicのEQハードウェアを再現するSOLID EQを追加しよう。サウンドの本質的な部分を保ちながら、ミュートや潰れた感じがするように設定した。その後に、サウンドにコンプレッションと質感を加えるSUPERCHARGERを追加しよう。我々のドラムチャンネルのエフェクトチェーンは以下のようになっている。

Lofi drums chain
ローファイドラムのエフェクトチェーン

これらの要素の詳しい内容は次のステップでご紹介しよう。

5. サンプルを使用して空間と雰囲気を足そう

ローファイビートのあのチル感は、空間を感じられる設計から生まれている。良質なソファのように、没入感と質感がしっかりとありながら、詰まりすぎたり騒がしい印象はない。このような空間と質感をビートに加えるには、深いリバーブの背景レイヤーを重ねてみよう。

まずは環境音の録音、またはサンプリングから始めよう。これは車の走行音、飛行機の飛行音、窓にあたる雨音、または背景的なテレビの音など、何でも構わない。滑らかで距離感のあるサウンドであることが重要だ。そのサウンドに対して、深いリバーブをかけてみよう。ローファイビートの背景になるようにそのレイヤーを配置することで、あなたのリスナーに浮遊体験を与えるような空間と雰囲気を演出する事ができる。

こちらは録音した歩道の足音を使用した参考例だ。オリジナルの録音はこのようなサウンドになる。

この音にCrash Packに含まれるBITEで低解像度のデジタルサンプラーの質感を足し、同じくCrash PackのDIRTでアナログチューブのクランチ感を模倣し、SOLID EQでサウンドをトラックに馴染ませ、最後にRAUMでリバーブに浸している。

Lofi atmospheric chain with BITE, DIRT, SOLID EQ, and RAUM
BITE, DIRT, SOLID EQ, RAUMを使ったローファイ感を生み出すエフェクトチェーン

このエフェクトチェーンを通した後はこのようなサウンドになる。

この5つの要素があれば、とてもシンプルなアイデアからバイブス、グルーヴ、そして面白い質感のあるトラックを作る事ができる。これらの要素が組み合わさる事でこのようなサウンドが生まれるのだ。

ローファイビートを作り始めよう

これらの要素は様々な方法であなたのローファイジャンルのアイデアに適応させる事が出来るので、色々と試してみてほしい。そして、LO-FI GLOWDRUMLABなどのローファイミュージックの制作に役立つインストゥルメントを多く取り揃えたKONTAKTもチェックしてみよう。

 

KONTAKTを入手する

関連記事

  • 世界最強のターンテーブルユニットKIREEKが⼀夜限りの再結成

    2007年DMC Team Championsで初優勝した後、前代未聞の5連覇を成し遂げたDJ YASAとDJ HI-Cによる日本のターンテーブリストデュオKIREEK。その偉業を超える者たちはいまだ現れていない。お互いの新しい⽅向性を探るために2018年に解散した彼らが、今回TRAKTOR 20周年を祝して特別に再結成を果たした。これまでの歩みとTRAKTORとの関わり⽅、そしてこれからについて2⼈に伺った。…

    Traktor
  • 日本の著名プロデューサーが日々愛用しているKONTAKT音源TOP3を紹介

    J-POPからゲーム音楽、ダンスミュージックまで多彩なジャンルで活用されている共通のツール。…

    Kontakt
  • how to use reverb

    How to use reverb: 音楽プロデューサーのためのリバーブガイド

    そもそもリバーブとは何か、リバーブを効果的に使ってトラックに奥行きと空間を作り出す方法、そしてリバーブの種類を使い分けるコツを紹介します。 このリバーブガイドを読んで音楽制作を次のレベルへと進みましょう。…

    Effects
  • how to make a trap beat

    トラップビートの作り方

    アンダーグラウンドヒップホップのサブジャンルとしてアメリカ合衆国南部で誕生したトラップミュージックも今では世界的な人気を誇っており、ジャンルを代表するアーティストにはDrake, Nicki Minaj, そしてBad Bunnyなどがいる。トラップといえば過激でシンセ的な独自のバイブスがあるイメージだが、トラップとはどのような意味で、どのように作られているのだろうか? トラップのビートメイク入門ガイドであるこの記事では、トラップミュージックの基本要素、ジャンルに適した楽器編成、そして実際にベースの効いたトラップループを作る方法をご紹介しよう。 読みたいセクションにスキップしよう: トラップビートとは? トラップミュージックに使用される楽器 トラップビートの作り方 トラップのドラムパターンを作る メロディー要素を足す 808ベースを足す…

    Beat making
  • Hip-hop drums 101

    Hip-hop drums 101: ドラムパターンの作り方

    あなたのビートをネクストレベルへ! クラシックなヒップホップビートの基本要素を分析し、ヒップホップドラムビート、ラップドラムパターン、トラップドラムパターンをDAWで作成する方法を学びましょう。…

    Beat making
  • KONTAKT 7 登場!!

    我々のフラッグシップ・インストゥルメント・プラットフォームの最新バージョンであるKONTAKT 7に搭載された新機能をご紹介!…

    Features
  • KONTAKT用無償ローファイ音源5選

    あなたのトラックに幻想的なレトロ感を足してくれる無償ローファイ音源をご紹介しよう。…

    Free stuff
  • Beat-making 101: 初めてのビートメイキング

    ビートメイキングに必要な知識を身につけ、さらにNIの無償プラグインを使ってビートを作ってみよう。…

    Beat making

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る