この選択肢に該当する記事はありません

by Ronan Macdonald

MASSIVE X Patch and Play: Nömak

パリ在住のCharli XCXのプロデューサーによる進化し続けるポップなパッドをダウンロード、そして、NI製品が当たるチャンス。

フランスのプロデューサー、ソングライター、サウンドデザイナーであるNicolas Petitfrère aka Nömakは、常にキャリアの中でNIのソフトウェアを使ってきた。彼のバンドプロジェクトであるAlesiaやPoint Point、UKのエレクトロポップスターCharli XCXとのコラボレーション、そして、彼自身のソロまで、全ての作品の中でNI製品は重要な役割を占めている。そんな彼の今一番のお気に入りはMASSIVE Xだ。MASSIVE Xの製品ページのためにデモトラックを作ったこともあるNömakは、NIの代表的なシンセの権威と言っていいだろう。(Nömakの音源はこちら)

昨年11月の2019 Paris Electronic Weekフェスティバルで、Nömakは、MASSIVE Xだけを使って曲の導入部をどう制作するかについて、サウンドデザインのマスタークラスを行った。トークはフランス語で行われ、英語の字幕入りでビデオを見ることができる。ビデオを見た後は、トラックのコンセプチュアルな導入部を生み出したメインのパッチと、ベース、キックドラム、ハイハット、パーカッシブなキーボードパートに使われた4つのパッチをダウンロードしよう。

NI製品が当たるチャンス!Nömakのパッチをダウンロードして、コンペティションに参加しよう。 応募はこちらから

明るい短調の和声がベースになっているメインパッチ「Massive X 1」は、豊かなハーモニックの動きとゲートによって切り刻まれる感覚が印象的だ。テクスチャーパッドの中で常に変化している音色はOscillator 1のFM Growlウェーブテーブルによって生成され、テンポ同期したLFOがウェーブテーブルのポジションとAnimaインサートエフェクトのピッチパラメーターを変調している。「僕にとって、ウェーブテーブル・シンセシスの美しさとは、興味深いテクスチャーを即座に生み出せることなんだ」とNömakは言う。

ゲートのエフェクトは、Blue Monarkフィルターのカットオフ周波数の変調によるもので、モジュレーションソースはPerformer 2だ。ギザギザとした素早く動く三角波のシーケンスがプログラムされていて、フィルターがパッドサウンドをリズミカルに切り刻んでいる。

しかし、何よりも今回のパッチの一番興味深い要素は、MASSIVE XのChordモードの使い方と、たった1つのMIDIノートからコード進行をトリガーするPerformerのモジュレーションソースだ。Unisonは3ボイスに、コードセットはMinor Yoに設定されていて、Performer 1はKeyモード(リトリガー) でChordフェーダーをモジュレートするようにアサイン。シーケンスは、12個のコードの中から6個をステップスルーしてコードを繰り返し生み出すように描かれている。

結果として仕上がった作品は、複雑で表現豊か、まさしくMASSIVE Xのシンセパワーがなくては生まれないようなエレクトロニックサウンドになった。2つのPerformerはホストのテンポにロックされていて、重要なリズム関連のフィルターとChordフェーダーのモジュレーションは全て常に同期している。「それこそがシンセシスだけを使うことの魔法なんだ」と、Nömakは言う。「自分自身の中から生まれてきたパーソナルな音を見つけ出すこと。プロセッシングやリサンプリングなどは使ってないから、完全に自由でしなやかなんだ」

metapopからパッチをダウンロードして、作品を応募しよう。素晴らしい賞品のNative Prizeに選ばれるチャンス!プロジェクト全体をリミックスしたいあなたのために、ダウンロードパックにはMASCHINE、Live、Logic、Cubase、FL Studioのプロジェクトファイルや、他のDAWユーザーのためのMIDIファイルとMASSIVE Xのパッチが含まれている。

パッチをダウンロードして応募しよう

関連記事

  • 世界最強のターンテーブルユニットKIREEKが⼀夜限りの再結成

    2007年DMC Team Championsで初優勝した後、前代未聞の5連覇を成し遂げたDJ YASAとDJ HI-Cによる日本のターンテーブリストデュオKIREEK。その偉業を超える者たちはいまだ現れていない。お互いの新しい⽅向性を探るために2018年に解散した彼らが、今回TRAKTOR 20周年を祝して特別に再結成を果たした。これまでの歩みとTRAKTORとの関わり⽅、そしてこれからについて2⼈に伺った。…

    Traktor
  • 日本の著名プロデューサーが日々愛用しているKONTAKT音源TOP3を紹介

    J-POPからゲーム音楽、ダンスミュージックまで多彩なジャンルで活用されている共通のツール。…

    Kontakt
  • how to make a trap beat

    How to Make a Trap Beat

    アンダーグラウンドヒップホップのサブジャンルとしてアメリカ合衆国南部で誕生したトラップミュージックも今では世界的な人気を誇っており、ジャンルを代表するアーティストにはDrake, Nicki Minaj, そしてBad Bunnyなどがいる。トラップといえば過激でシンセ的な独自のバイブスがあるイメージだが、トラップとはどのような意味で、どのように作られているのだろうか? トラップのビートメイク入門ガイドであるこの記事では、トラップミュージックの基本要素、ジャンルに適した楽器編成、そして実際にベースの効いたトラップループを作る方法をご紹介しよう。 読みたいセクションにスキップしよう: トラップビートとは? トラップミュージックに使用される楽器 トラップビートの作り方 トラップのドラムパターンを作る メロディー要素を足す 808ベースを足す…

    Beat making
  • 音楽制作で避けたい初歩的なミス9選

    このような初歩的なミスをあなたは繰り返していませんか?…

    Production
  • KONTAKT用無償ローファイ音源5選

    あなたのトラックに幻想的なレトロ感を足してくれる無償ローファイ音源をご紹介しよう。…

    Free stuff
  • Beat-making 101: 初めてのビートメイキング

    ビートメイキングに必要な知識を身につけ、さらにNIの無償プラグインを使ってビートを作ってみよう。…

    Beat making
  • デジタルをアナログ風に仕上げる4つの方法

    あのビンテージ機材や懐かしのサウンドをソフトウェアで再現するテクニックをご紹介しよう。…

    Effects
  • REAKTOR用無償FMシンセ5選を手に入れよう

    ユーザーライブラリの中から予測不能な音作りに欠かせないFMシンセを紹介。…

    Ambient

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る