この選択肢に該当する記事はありません

by Native Instruments

映画音楽向けの無償KONTAKT音源おすすめ5選

オーケストラ楽器からムード感あふれるパーカッションまで、サウンドトラックのために必要なもの全てがここに。

最近はサウンドトラック向けのライブラリが豊富に揃っているため、楽曲制作のために世界中から選りすぐりの素晴らしいクラシック演奏家を10人でも100人でも、擬似的に用意することができる。しかも、作業はすべて快適にDAWから行うことができるのだ。費用は実際のオーケストラを雇うことに比べたら少額で済むが、初期投資を考えるとまだまだハードルが高いと感じる人もいるかもしれない。しかし、心配は無用だ。もし、ハードドライブいっぱいのシネマティックサウンドに投資するべきかどうか迷っているのなら、第一歩としての選択肢は、低予算から無償のものまでたくさんある。 (ちなみに記事の中では触れていないが、KONTAKT 6に含まれるシンフォニーやエキゾチックな楽器のこともお忘れなく。)

今回紹介する5つのユニークなライブラリは、オーガニックな響きのオーケストラ音源から、ライザーやムードをつくるためのクリエイティブなサウンドまで、KONTAKTのフルバージョンがあれば全て無償で使うことができる。

Palette Primary Colors

Red Room Audioは、初心者にぴったりでありながら、経験豊かな作曲家にも味わい深い、制作の要になるようなツールを提供している。1.3 GBもの膨大な量のストリング、木管楽器、金管楽器のサンプルから構成されているPalette Primary Colorsは、アーティキュレーションごとの3つのダイナミックレイヤーや、ラウンドロビンのプレイバックなどを装備している。無料ダウンロード可能だが、このダイジェストバージョンが気に入ったら、ぜひドネーションやフルバージョンのPaletteライブラリへのアップグレードを検討してほしい。

Palette Primary Colorsのダウンロードはこちら

Aurorror

FluffyAudioによって制作された悪夢のようなライブラリAurorrorは、同社の代表的なインストゥルメントであるAuroraから生まれた。ホラームービーのサウンドスケープを簡単に制作でき、どんな楽曲にもダークな低音を加えてくれる。異なる音を5つまでレイヤーすることが可能なAurorrorは、複雑で不気味なサウンドの制作にぴったりだ。

Aurorrorのダウンロードはこちら

Medicine Man

こだわりの音源で知られているSonixinemaのMedicine Manは、 サイトランスプロデューサーのSaša Dukićによって収録されたタングドラムで、500MB以上のサンプルを含んでいる。雰囲気のあるアンビエンスを加えてくれる「Atmospheres Layer」機能を備え、何よりも重要な点は、素晴らしいサウンドを生み出してくれるということだ。

Medicine Manのダウンロードはこちら

Djemko

Supreme SamplesのDjemkoドラムアンサンブルは、たった1つのシンプルなテクニックをベースにした偉大なライブラリ。ジャンベの音をピッチダウンした時、太鼓のような音になることに気づいた開発者が、ジャンベのサウンドを隅々までサンプルしレイヤーすることで、雷音が轟き渡るようなライブラリを作り上げた。名前通りの効果が得られる「More Drums」機能も便利なのでお見逃しなく。

Djemkoのダウンロードはこちら

Orchestral Rise Builder

Hidden Path Audio によるこのライブラリも1つの機能に特化したもので、想像通りのことを素晴らしく上手にやってくれる。楽曲のここぞというポイントでオーケストラのライザーを使って持続的なテンションをつくりたい時や、トラックにユニークな展開部分を加えたい時に、是非とも試してほしいライブラリだ。

Orchestral Rise Builderのダウンロードはこちら

サウンドデザイン: Konstantin Grismann

関連記事

  • 世界最強のターンテーブルユニットKIREEKが⼀夜限りの再結成

    2007年DMC Team Championsで初優勝した後、前代未聞の5連覇を成し遂げたDJ YASAとDJ HI-Cによる日本のターンテーブリストデュオKIREEK。その偉業を超える者たちはいまだ現れていない。お互いの新しい⽅向性を探るために2018年に解散した彼らが、今回TRAKTOR 20周年を祝して特別に再結成を果たした。これまでの歩みとTRAKTORとの関わり⽅、そしてこれからについて2⼈に伺った。…

    Traktor
  • 日本の著名プロデューサーが日々愛用しているKONTAKT音源TOP3を紹介

    J-POPからゲーム音楽、ダンスミュージックまで多彩なジャンルで活用されている共通のツール。…

    Kontakt
  • how to make a trap beat

    How to Make a Trap Beat

    アンダーグラウンドヒップホップのサブジャンルとしてアメリカ合衆国南部で誕生したトラップミュージックも今では世界的な人気を誇っており、ジャンルを代表するアーティストにはDrake, Nicki Minaj, そしてBad Bunnyなどがいる。トラップといえば過激でシンセ的な独自のバイブスがあるイメージだが、トラップとはどのような意味で、どのように作られているのだろうか? トラップのビートメイク入門ガイドであるこの記事では、トラップミュージックの基本要素、ジャンルに適した楽器編成、そして実際にベースの効いたトラップループを作る方法をご紹介しよう。 読みたいセクションにスキップしよう: トラップビートとは? トラップミュージックに使用される楽器 トラップビートの作り方 トラップのドラムパターンを作る メロディー要素を足す 808ベースを足す…

    Beat making
  • 音楽制作で避けたい初歩的なミス9選

    このような初歩的なミスをあなたは繰り返していませんか?…

    Production
  • KONTAKT用無償ローファイ音源5選

    あなたのトラックに幻想的なレトロ感を足してくれる無償ローファイ音源をご紹介しよう。…

    Free stuff
  • Beat-making 101: 初めてのビートメイキング

    ビートメイキングに必要な知識を身につけ、さらにNIの無償プラグインを使ってビートを作ってみよう。…

    Beat making
  • デジタルをアナログ風に仕上げる4つの方法

    あのビンテージ機材や懐かしのサウンドをソフトウェアで再現するテクニックをご紹介しよう。…

    Effects
  • REAKTOR用無償FMシンセ5選を手に入れよう

    ユーザーライブラリの中から予測不能な音作りに欠かせないFMシンセを紹介。…

    Ambient

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る