この選択肢に該当する記事はありません

by Ali Wong

9月のNIコミュニティからのベストビデオをチェックしよう

今月はExpansionの詳細紹介やDAMAGE 2の制作背景などをお届けする。

少なくともここ北半球では、夏がゆっくりと終わりを迎えてしまったが、どうか絶望しないでほしい。今シーズンは本当にたくさんのリリースがあり、探求するための新しいサウンドが豊富に揃っているので、これから数ヶ月、家の中で時間を過ごすのにもってこいだ! Creator Communityからの厳選されたビデオで、HeavyocityのDAMAGE 2、SashaのArtist Expansion、そして、BUTCH VIG DRUMSといった最新インストゥルメントについてチェックしよう。

DDSが紹介するSasha Artist Expansionのサウンドの詳細

30年以上に渡って、プログレッシブハウスの遺産をスタジオやDJブースの中で築きあげてきたSasha。NIの最新Artist Expansionは、彼の制作プロセスについて知ることができる前代未聞のチャンスだ。今回初めてSashaのプロジェクトの全貌が分析できるように明かされた最新Expansionの詳細を、DDSがサウンドを通して紹介する。

Knock Squaredが歌うMASCHINEのクイックジャム

Knock Squaredが彩り豊かなビート上でオートチューンのボーカルを披露している映像をチェックしよう。この短くまとまっていて素晴らしいビデオは、ダンスのムーブメントや音楽制作にインスピレーションを与えてくれるだろう!

Robert Dudzicが語るDAMAGE 2の制作背景

サウンドデザイナーのRobert Dudzicが、HeavyocityのDAMAGEのオリジナル版と新しいDAMAGE 2の制作に関わっていたことを、君は知っていたか? 今回紹介するビデオでは、Robertが制作背景について語ると共に、強力でユニークだけど使いやすいというバランスが取れたサウンドを生み出したフィールドレコーディングのプロセスについても紹介する。ビデオの終わり頃、新人サウンドデザイナーがどうやって業界に入り込むかについてのアドバイスもあるので、お見逃しなく。

Blake Heartが紹介するSashaのExpansion

Blake HeartによるSasha Artist Expansionのビデオは、モジュラーシンセのサンプルからエイリアンのようなFXまで、このExpansionが提供している多様性を全て紹介している。とてもたくさんのインスピレーション源が盛り込まれていて、例えば、SashaのMIDIパターンに自分の鍵打を加えるアイディアは、このパックから自分だけのサウンドを生み出す素晴らしい方法だ。

Jef GibbonsがロックするButch VigのDrum

この幅広いスタイルのロックに適応するキットを使いながら、Jef Gibbonsがギターとベースに積もった埃をはらって、楽曲のイントロを披露する。このキットの最も価値がある部分は、サウンドそれ自体と共に、Butchが提供したロックなドラムパターンとフィルで、ビデオの中でJeffが実演しているように、簡単にトリガーやミックスをしたり、あわせることができる。

関連記事

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る