• Eomac + Kyoka = Lena Andersson

    アイルランド人プロデューサーEomacと、日本人アーティストKyokaのコラボレーションプロジェクトに迫る。…

    Interviews
by Matt Cellitti

Dissect the Preset: MASSIVE X

MASSIVE X 搭載のいくつかのプリセットを分析する。

Dissect the Presetシリーズの最新記事は、新しい画期的なソフトシンセMASSIVE Xを分析し、その使用法を紹介する。

MASSIVE Xの世界に踏み込むための第一歩、まずはプリセットをチェックしよう。下のビデオを見て、どうやってサウンドが作られているかチェックし、独自のサウンド制作のためのインスピレーションを獲得しよう。

Kesselbeat

最初のビデオでは、ノイズを基にしたリズミカルなプリセットKesselbeatを分析する。1基のPerformerを多用し、複数のパラメーターに動きを加えることができる。

Obstacles

次に、Obstaclesを分析する。前のビデオで見たPerformerによるモジュレーションを基本に、ボイシングセクションとUtilityインサートエフェクトが使用されている。

Bottom Bump

Bottom Bumpは低音の効いたサブシェイカー。マクロを使うことで多くのバリエーションを作ることができる。 Switcher LFOがどのように機能し、モジュレーションされているのかを理解して、爆音サウンドを作り出そう。

Cloud Breaker

最後のビデオでは、Cloud Breakerを紹介する。Noise Moduleをメインソースに、ルーティングセクションが独創的に使われた動きのあるユニークなパッチだ。

関連記事

Cookie notice

We use cookies and similar technologies to recognize your preferences, as well as to measure the effectiveness of campaigns and analyze traffic.

Manage cookies

Learn more about cookies