by Ronan Macdonald

DJ Krustお気に入りのドラムンベース向けREAKTORアンサンブル

UKドラムンベースのレジェンドが厳選したREAKTORフリーパッチ5つを紹介。

DJ Krust aka Kirk Thompsonは、90年代後半から2000年代初頭のブリストルのエレクトロニックミュージックシーンにおける重要人物で、まさしく真のドラムンベースレジェンドである。不朽の名作「Warhead」のリリースや、同郷ブリストルのRoni Sizeとの長年のパートナーシップ(彼とはFull CycleとDope Dragonレーベルも一緒に設立した)、マーキュリー賞を受賞したReprazentの一員としてのレコーディングやツアー活動など、Krustのソウルフルでありながら鋭いスタイルは、20年以上に渡ってシーンの最先端を走り続けてきた。常に革新的な彼の待望の新作は、間違いなく注目すべきものになるだろう。

今回DJ Krustは「ダークなD&Bのベースラインと烈しい雰囲気のサウンド」のためのお気に入りアンサンブルを7つ選んでくれた。REAKTOR 6のフルバージョンを持っていれば、最初の5つはREAKTORユーザーライブラリから無償でダウンロードできる。MONARKとTRK-01は無償ではないが、KOMPLETE STARTの一部としてここで入手できる無償のREAKTOR Playerの中で使うことができる。

JunatikAUDIO

1999年後半のサンプラーのダーティなサウンドだね。「Da Bass II Dark」みたいなヴァイブスだよ!

JunatikAUDIOの「Pulz Space」プリセットサウンドはこちら

Proteus V3 

僕が音楽を作り始めた頃のことを思い出すね。ダーティなヴァイブスで、予測できない要素がいい感じのハッピーアクシデントを生み出してくれるんだ。

Grumblephone

ファンクだね。太くダーティでグランジな感じ。十分な長さプレイすれば、よろめくような宝石をつくってくれる。

Grumblephoneの「06 Obligatory Moog bass」プリセットサウンドはこちら

String

この種類の音は、長い長いイントロに使う。一日中ずっと音色やドローンに浸ってる感じ!

Stringの「Soft Tunes」プリセットサウンドはこちら

Howler

こっそり潜んでいる獣のようだね。
Howlerの「012 In da factory」プリセットサウンドはこちら

その他のインスピレーション

Monark

獣みたいで、NIのシンセの中で一番お気に入りだよ。怪物のような新しい音を作るために必要なものが全て揃ってる。フィードバックさせて音を呼び出すんだ!

MONARKのサウンドはこちら

TRK-01

とても簡単に使えて、あちこち飛び回るようにクレイジーなサウンドが作れる。こういうシンセを使う時は、まず録音状態のままにしておいて、その後、録った音をチョップして、ループを見つけるんだ。

TRK-01の「Future B」プリセットサウンドはこちら

関連記事

Cookie notice

We use cookies and similar technologies to recognize your preferences, as well as to measure the effectiveness of campaigns and analyze traffic.

Manage cookies

Learn more about cookies