• Eomac + Kyoka = Lena Andersson

    アイルランド人プロデューサーEomacと、日本人アーティストKyokaのコラボレーションプロジェクトに迫る。…

    Interviews
by Native Instruments

Watch: 9th WonderがKendrick Lamar “Duckworth”を解説

ヒップホップのスーパープロデューサーが、大ヒットした「DAMN.」のビート制作背景についてNPRで語った。

Jay-Z Beyoncé、Erykah Badu、Mary J. Blige、Nasなどのプロデューサーである9th Wonderが、Kendrick Lamarの ‘Duckworth’ のビートの制作背景をNPRの最新映像の中で紹介している。2017年に大ヒットしたアルバム ‘DAMN.’ の最後の曲である ‘Duckworth’ は、3つの特徴的なサンプルを混ぜ合わせてつくられている。R&Bの人気歌手Ted Taylor、ユーゴスラビアのプログレッシヴ・ロックであるSeptember、ネオソウルユニットのHiatus Kaiyoteの3つだ。そして、ビートの制作は、9thの頼もしい相棒とも言えるMASCHINE上で行われた。

9th Wonderのサンプリング手法について詳しく知るには、このNIブログの記事と映像がおすすめだ。彼がどのように音を見つけるかについて、そして、MASCHINEを使った制作プロセスについて深く知ることができる。

関連記事

Cookies

このウェブサイトではより良いユーザー体験を提供するためにCookie(広告、分析、ソーシャルメディアのCookieを含む)を使用しています。

Cookieを管理する

Cookieについて詳しく知る